今日

文章は全て人に読まれるために書くものである

社会的な命乞いについて

アンケートを取ったら、命乞いが上回ったので命乞いについて書きます。ボカロは明日書くね。わたしの大好きな曲をバンバン紹介しようと思っていますのでよかったら見てください。

 

その前にちょっとだけ今日について書かせてほしい。

 

今日はどうしても会いたかった「彼女」に会えた。心理的集団リンチを受け、引き出しを2発蹴られてからというもの(蹴られたのはつい10時間前の話だけど)、私は彼女の実存を渇望していたのだ。

かといって心理的集団リンチの話や引き出しの話はしなかった。彼女も読者のみなさんと同じ人間なので、悪い話は聞きたくないだろうと思ったのだ。まあ、そんなことを思ってもいずれどっかの折に話しちゃうんだろうけど。

1週間くらいしか経ってなかったけどすごく久しぶりだったし、私にとっては相変わらず美しく見えた。

 

 

はい、命乞いについて書きます。

昨日も書いたけど本当の意味での命乞いはしたことがない。生存権を誰かに握られたことがないからだ。

しかし、社会的な命乞いならよくしている。

例えば高校生の時、携帯を先生に取られそうになり、私は必死で命乞いをした。(携帯を使用していると問答無用で先生に没収される学校だったのだ)なぜかと言えば出会い系にはまっていることが親に知れ渡ってしまう恐れがあったからである。

結論から言うと2回命乞いをして、最初の1度目は失敗した。だが2度目は成功した。

「携帯ではなく、iPodが誤作動を起こしたんです。私は携帯を触っていません。助けてください。」

私の社会的な死は免れた。

今じゃあ誰も携帯もiPodも持っていない。

 

私の考える社会的な命乞いの一つに

「次は絶対頑張るので見捨てないでください」

がある。

誰かから見捨てられることも充分社会的な死だと思う。ちなみにこの命乞いなら8時間前くらいにした。

人からの無関心というのは本当に怖い。ついこないだまで関心があったはずの人の視界から自分がつうっと消える恐怖といったらない。無関心を経験していない人は幸せだ。そのまま幸せなままでいてほしい。

 

命乞いに話を戻す。社会的、生物?的に関わらず、命乞いは本気の嘆願ではない。結局自分の命さえ助かれば何でもいいわけだ。最悪脚を失おうが手を失おうが、命さえあればなんとかなる。だから本当に思っていないことでも並べればなんとかなるだろう、と。

ドラマとかでも誰かに殺されそうになる人間は必死で命乞いをする。「なんでも言うことを聞くから」などと言う。でも本当にそんなことは思っていない。自分の命さえ助かればという一心なのだ。

そう思うと命乞いというのは本当に身勝手でかつ、人間らしい行いだなと思う。

 

当たり前のことしか言ってませんね。

頭の悪さに拍車がかかった文章になってしまった。命乞いについてはこれで終わりです。

 

f:id:azumism:20171114225212j:image

 

これは今日食べたピザ。

 

 

 

 

 

11月13日

ブログのお題を募集したら、「ボカロ」と「命乞い」という二つのテーマをいただいた。前者は2007年から2012年までのことしか書けない。後者は(生命の危険が及ぶという意味での)命乞いは行ったことはないが、社会的な命乞いなら多々やって来たのでそれを書こうと思います。

 

今日は大学に遊びに行った。本当に何もすることがなかったのだ。新宿の会社に借りたものを返すという用事があったので、ついでに四ツ谷まで足を伸ばしたのである。

 

部室は何も変わっていなかった。ソ祭実行委員の真似をしてドアをどんどん叩いたら、たおちゃんにめっちゃ怒られる。再会早々怒られという最悪のスタートになった。

高瀬にも会ったが割愛。これは後ほど書く。

 

部室で意気投合した我々はロンへと向かった。高瀬がロンをクビになった話を思い出しゲラゲラ笑った。不謹慎な人間である。

 

たおちゃんは金がなさそうなので、ロンで奢ることにする。なぜ彼は山に登ろうと思ったのだろう。私はふと、山で遭難して死にたいんじゃないかと思っていた。しかし、話を聞く限りではそんなことなさそうなのでほっとした。たおちゃんが死んだら悲しいからね。

 

ロンのお姉さんが美人だった。

「ロンはね、美人しか雇わないんだよ。店長の趣味でね。そして雇った子達を裏社会で働かせてるってわけ。」

みたいなことをたおがいう。

「じゃあ、高瀬はなんでクビになったの?裏社会の仕事を拒んだわけ?」

「いや、高瀬が純粋すぎるから、『高瀬にはこんな仕事をさせたくない』という店長の優しさでクビにしたんだよ。まあ純粋っていってもあいつは処女じゃねえけどな。」

まあ2階で話しているから店長にはバレないだろう。ロンよ、お前らの考えていることはお見通しなのだ。

 

チオビタこと柳田(漢字あってるかな)くんが近くにいるっぽかったので思い切って「ロンにおいでよ」と誘う。柳田くんも来てくれることになった。

 

たおちゃんに「駅メモ」の良さを語られる。昔安中さんがよくやっていたので存在は知っていたけど思った以上に面白そうだ。

 

柳田くんは紀尾井を辞めようか迷っているらしい。別に辞めてもいいんじゃないかと私は勝手に思っていた。飲み会には来るらしいし、今生の別れにはならないだろう。

彼は続けて公園にいたエロいお姉さんの話をした。ホットパンツを履いている、国教っぽい女の人が氷結を持ちながら入って来て、タバコを一本吸って出ていったらしい。

「でも顔は大したことなかったですよ」と柳田くん

「俺はエロい女はそれなりに顔が整ってた方がいいと思う」とたおちゃん

私が何を言ったかは忘れた。でも顔はそうでもないのにやたら色気というかエロい人って意外と多い気がする。

 

やしろさんも誘う。一回も会ったことなかったので会ってみようと思ったのだ。

 

やしろさんの第一印象は「話噛み合わねえな」という感じ。

 

私が雑に好きなタイプの話を振る。

「頭のいい人ですかね。ブスじゃなかったら基本的にいいです。」

私の悪い癖なんだけど、そういう話を振ってすぐに「じゃあ私はどうですか」と聞いてしまうのだ。今回もそれが出てしまった。

 

「破壊力のあるブスですね」

 

私はめちゃくちゃ腹が立った。自分から仕掛けたにもかかわらずだ。

 

別にブスと言われたことは良かったのだが、初対面のくせに距離を詰めんなよ、と思ったのである。でも今になって思えば距離を詰めようとしたのは私だし、やしろさんはどう考えてもそれに乗っただけだし、正直「破壊力のあるブス」というワードはなかなか面白かったので、やしろさんを責めるのは間違いだったな、と思った。

 

「私、橋本さんにキャバ嬢に熱を上げているおじさんみたいなLINEしちゃうんですけど、それに対して橋本さんが内心迷惑がっているキャバ嬢みたいな返しするんですよ、どうしたらいいですかね」と、私。

「まああいつはキャバ嬢みたいなもんだからね」とやしろさん。

 

やしろさんともうちょっと意思疎通ができるようになりたい。

もうちょっと時間が必要な気がする。

そして本当に里崎智也に似ていた。

 

会社に戻る。ハードディスクのコピーに3時間かかると知り絶望。

なので急遽会社近くのスタバに寄ることにした。スタバでmacbook proを広げている女である。なんとなく意識が高そうな感じがする。しかしやっていることは本当に低俗なブログの執筆なので悲しい。もっとやりたいことがあるはずなのに。

 

たおちゃんが美味しそうに吸っていたの見て、初めてピースを買ったんだけどこのスタバには喫煙席がなかったのを忘れていた。封を切っていないピースが私の手元にある。

 

アイコス欲しいな。自分へのクリスマスプレゼントに買おうかな。

 

 

 

 

 

11月12日

本番終わりました。

帰ってきたのは今日の4:50です。泣くぞ。よく泣かなかったと思います。言いたくないけど(心理的)集団リンチされたし。

 

今日は寝てたら一日終わってしまった。

本当に悲しい。

 

ずっと寝てた(11時間くらい)のはずなのにまだ眠い。

 

 

日記を書こうと思うんだけど、何を書いたらいいか思いつかない。

なのでこのブログについて書く。

急にブログを始めたのは別に深いわけがあったとかではなく、実は前からやりたいと思っていたのだ。ただ、踏ん切りがつかなかったのである。その踏ん切りをつけたのはスカートのボーカルのブログだ。

日常がひたすら淡々とつづられているだけなのにすごく面白かった。私がこういう風に書けるかはわからないけど、まあ書いてみようと思った。

日常、今日やったことを書き出すと私がいかに無駄に一日を過ごしてるかが手に取るようにわかった。これは本当に悲しかった。自分ではいろいろやっているつもりだったし。

そしてやたら人間に怒られている。たまには犬とか猫に怒られたい。まあ怒られたら怒られたで「なぜ私が犬ごときに!」と思うわけなのだが。

あと、ブログを書き出してからちょっとだけ日常に緊張感が出てきた。「これはブログに書こう」と思って一日を過ごすようになったので、ちょっとだけ一日が面白くなった。

 

さらに自分にまだまだ関心を持っている人がいるということもわかった。悦子をはじめ、このブログを見ている人が何人かいるわけで、それが自分でもかなり救いになっている。

 

実はこのブログにはルールがある。

それは「哲学を書かない」ということだ。

人には何かしらいろいろ哲学がある。死や生への執着、恋の仕方、男女とは…などなど。

私にだって一応考えていることがある。でもなるべくそういうことは書かない。なぜならそんなことはつまらないし、コンテンツ性に乏しいからだ。それよりは日常を「取捨選択しながら」お送りする方が楽しい気がする。

まあこのルールもある意味哲学だけど。

 

最近書くことがない、と言っていることが多いのでいっそネタを募集しようかな。何が集まるかわからないけど。というかたぶん集まらないけど。

 

 

 

11月10日

本番前日。いろいろ大変。

忙しい。

 

お腹空いたな、よく考えたら朝しか食べてない。

 

なのでさっきセブンで揚げ鶏を買う。

ナナチキとの違いがわからない。

 

すごく太った。女子プロの人っぽい。

死んだ方がマシである。

 

もっとマシなことを言いたい。

なんでみんなブログをちゃんと書けるんだ。

 

今日本当に何もなかった。

ただ資料を印刷したり、ガンプラを捨てたり、らき☆すたのかがみのパンツを覗いたり、本当に書き出すとしょうもない。

 

さっきから爆音でラップが聞こえる。

今日はリハーサルなのだ。

でも別にこんなオーディションやらなくてもみんな勝手に売れたような気がする。

 

まーた上司がキレてるよ。

うるせえ。

11月6日

充電があと35%しかないので非常にピンチ

そんな時に限ってケーブルがない。オセロニアできない。

 

土曜に本番なのでちょいちょい忙しい。

無駄に黒人とか警備員とか会場にいてもらうので電話をかけまくった。

 

イベントのフライヤーもめちゃめちゃ撒けたし、応募者も続々……らしい。

 

昨日のことがよく思い出せない。

記憶喪失とかではない。

 

ご機嫌だったのでお酒を帰りに買って飲んだのは記憶している。

 

外出するにも許可いるのが本当に理不尽で腹がたつ。これは明日絶対書く。

 

こないだ、ふざけた写真を載せたらリー先輩にお叱りをいただいちゃったので、お叱りもらわなさそうな楽しい写真を載せることにした。これなら大丈夫っしょ。

 

メディアリテラシー(笑)

f:id:azumism:20171107191042j:image

11月5日

正直かわじゅんさんの「性欲三銃士」ツイートめっちゃ面白かった。超不謹慎だし、3人のことそんなよく知らないけど笑ってしまった。

 

まあでも別にいいじゃん、と思う。断られるのが怖いからと手を出さないよりはとにかく弾を撃ち続けてたほうが命中率も高くなると思うし。恋愛工学とか信じてるやつも、たぶん裏で性欲三銃士とか言ってバカにされてるよ。

フルポン村上とか狩野英孝もたぶんそんな感じだよ。かっこつけてるよりは欲に忠実な方がよいのでは?

ちなみに私は性欲はあるけど行動には起こせないタイプです。断られるのが怖い。やんわりお誘いLINEとか送って、いい返事が返ってこなかったからすぐ諦める。脈なし判定が早い。

 

昨日ですが、すごく楽しかった。

ひさびさに「彼女」に会った。赤いハート型のジャケットを着ていた。

「ラブジャケットって言うんだって」

 

中野の羊フェスに行き、羊の麻婆豆腐とか羊の串とか羊の焼きそばなどを食す。美味しい。でも一枚も写真撮ってなかった。

 

「映画でも観に行かない?IT観たい!」

 

彼女は洋ホラーが好きなのだ。

 

しかし今から行こうにもなかなか空いている映画館は見つからない。そんな時、「自由席」の楽天地シネマを見つける。「総武線で一本だし、行ってみるか」

 

楽天地はボロかった。まず、楽天地という名前がよい。「ニュー新橋ビル」なんかよりずっとよい。

あと外見がボロいだけでところどころ新しかった。たぶん改装しまくってるんだろうなあ。

 

15分前に映画館に着くとITの列がすでにあった。前から5番目くらいに並ぶ。

入場5分前くらいになってどっと人が来た。

 

ITは面白かった。洋ホラーは物理的に幽霊をぶっ叩く描写があるのでそこまで怖さを感じない。和ホラーで物理的にぶった叩いているのは白石監督くらいでしょ。

でもかなりびっくり要素がおおかったし、和ホラーみたいに「出るぞ〜」という脅かしが結構多かった。

だけどお化けどーん!っていうよりはどちらかというと思春期の葛藤に重きを置いていたのですごく楽しめた。あとキャストがデブの転校生以外美形だった。可愛い男の子や色気のある女の子が叫び声をあげてるのは超よかった。

 

最後に美形の子役たちの写真です。本当に美しい。私は真ん中の子が好きだ。f:id:azumism:20171106204315j:image

 

 

 

 

11月4日

このところ私は病んでいた。

 

「病んでいる」と言ったところで別に「おーよしよし」と言ってくれるわけでもなければ、状況が好転するわけでもないので、特に書きません。書くつもりもないです。

 

夢を見た。ユースケ・サンタマリア似の男性とデートする夢だった。神社仏閣を巡っているんだけど、彼が急におしりを触って来た。最初は腰とかだったんだけど、どんどんおしりを触り出して来たのである。

それに対して私は「もっと人の少ない、ちゃんとしたところでしようよ」と言っていた。自分はそんなことを言うのかとびっくりした。自分は自分をバナナ並みに安売りするぐらいしか能がない人間なのに、それでいいのか。普通の人間みたいなことを言ってていいのか、と思う。

自分を高値で売ったところでどうせ買ってくれないんだから安く売ろう、が信条だったのに、普通の人と同じ値段で売ったら本当に売れ残りじゃん。

中国のコピー品を高値で売ってるようなもんですよ。消費者をバカにしてる。

 

今日はこれで終わり。11月2日の日記にアクセスすごい伸びてた。怖い。

 

悲しい日記になったから明るい写真を載っけときますf:id:azumism:20171105003905j:image