今日

文章は全て人に読まれるために書くものである

11月20日

特にアクセス数が伸びなくても私は関係ないぞ。無駄に文章を消費するぞ。そしてその文章をちょこっと書き換えて例の文芸フリマで人に読んでもらうんだ。タイトルは

 

「自分を可愛いと思い込んでいるオワコンの日記」

 

絶対読みたくねえ。

 

土日なんだけど、メガネを作ったこと以外は特に何もしていない。でも小説をぱきっと書いて、人に見てもらおうという目的がある。その目的のために今週は頑張る。

 

人のツイッターを見ていると、本当にいろんな人間がいるなという至極普通の感想を放出してしまった。なんかこう、自分が〇〇していた間に他の人間は全く異なる生活を送っていたんだなと想像するのが楽しい。自分がこうしてブログを書いている間も授業受けてたり、バイトしてたり、はたまた酒飲んだり、仕事したりしてる人々がおり、それだけでなんか面白い。非常に面白い。人間だなあという感じ。

 

みたいなことを考えられるくらい余裕があり、本当に驚く。

まあこれも嵐の前の静けさでしょう。絶対なんか嵐があるんだよなあ。

明日から会議3連チャンなのも嵐といえば嵐か。それぞれ別の案件である。でもレギュラーの番組が一番嫌いだな。メンツが嫌い。

 

1月からの部署異動が正式に決まった。異動先の部署の部長にあたる人が「この子1月から僕の班にくるんです。」と話していたからだ。その部署は会社のメインコンテンツの一つであり、名前を聞いたら誰もが知っている番組である。ここで言及するのは控えたい。しかし殺人級の忙しさだと聞いている。こうして悠長にブログを更新できるのも今年が最後になるのだろうか。先行きが不安な将来である。

1年目の部署から大体皆異動するのが通例なので、異動自体は別によくあることだ、ということを念のため申し添えておく。

 

暇だとすぐに誰かに会いたくなってしまうけど、誰かに会うには金が必要らしいので非常に悲しい。お金がなくても会ってくれる人はいないのか。彼女ですらお金がないと会ってくれない。いや、彼女は特にお金がないと会えない存在なのだ。かろうじて「レンタル」ではないので、一挙手一投足に金がかかるというわけではないけど。

 

彼女についてどれだけ書けばいいのか迷う。私の頭の中でかなりストレージを食っている存在なので、どうしても書くことは避けられないけど、それを惚気だのと言われたらすごく嫌だし、なんか難しい。

 

かといって他の人について書くのも結構限界があるよなとは思う。どこまで書くことがが許されてどこまで書くことが許されないのか。その境界線がよくわからないので、いつも許されないことを言ったり書いたりして怒られてしまう。

でも他者紹介はいつかやりたい。よくツイッターでもやってるけど、1記事費やしてやりたい。でもそれって言われた側はかなり気色悪いなと思う。

 

切りすぎた前髪が一向に伸びない。親からキンタロー。に似てるね、と言われる。あんな顔でかくねーよ、一緒にすんな。眉上の前髪って可愛いんじゃないか、と思った自分を殴りたい。ただでさえ破壊力があるのに、前髪が短いので水爆くらいの勢いがありそうな気がする。300人くらいなら軽く殺れるね。水爆ってもっと人死ぬか。

 

いつも以上に文章に取り止めがない。あやしうこそものぐるをしけれ。

 

気が向いたらまた更新する。